枚方で家を売るならNO-HOUSE

【枚方市】不動産は売却と賃貸のどちらがお得?

【枚方市】不動産は売却と賃貸のどちらがお得?

戸建やマンションを「売却」にするのか
それとも「賃貸」にするのか
また、どちらが得するのかなど
今回はお答えしていきたいと思います。

売却と賃貸のどちらがお得なのか
残念ながら絶対的な答えはありません。

物件によって向き不向きがあり
物件の保有者の意識や環境によっても変わってきます。

そこでまずは「物件」と「保有者」の2つで考えてみましょう。





物件の状態で判断

保有する家が都市部にあり立地も良い場合
賃貸」を検討する価値があります。
賃貸物件にとって、入居者の有無は大きな問題。

東京や大阪など人口が多く
繁華街、駅近、学校が近い 市内(都内)であるなど
入居者が見込める地域であれば賃貸物件としての需要はあるでしょう。

その逆なら、売却を考えたほうが賢明です。
人口が少ない、立地が悪い、車がないと移動出来ないなど
そういった場所であると入居者が見つからない可能性があります。

そうなれば家賃収入は途絶え、管理コストだけがかかるので
トータル面で見たときに不必要になります。

また、家のタイプによって利用する世帯層が異なるので
該当の世帯層が多い地域かどうかも判断材料のひとつです。


ワンルームマンション:独身・学生・老夫婦世帯向け
ファミリータイプのマンション:
子育て世帯向け
一戸建て:
子育て世帯向け


賃料も異なれば面積も異なりますので
しっかりと見極める必要がありそうですね。







自身の状態で判断

賃貸経営ですが、世間でよく聞く
「家賃収入で懐が潤う」という文言ですが
あくまでも理想であり、現実では難しいです。

人に貸し出すなら事業として経営するという意識が必要になるので
売却と賃貸は難易度に大きな差が出てきます。

賃貸を検討しても大丈夫なのは
・不動産を売却してまとまったお金を確保する必要がない
・不動産運用に興味があり、そのための勉強をいとわない人


この2つにあてはまらない状態で悩んでいるなら迷わず
売却」しましょう。

また、将来的に売却しようと考えている人も 今「売却」しましょう。

時代の流れと共に
不動産の資産価値は時間とともに下がっていきます。

「いま売る」という選択をしたほうが
時代は「今」を見ているので
高く売れて結果的に得する可能性が高いのです。







家を売却に出すメリットとデメリット

家を売却するということは簡単なのですが
不動産会社に仲介を依頼すれば必要なものだけ伝えてくれるので
自身の手間がかからず
賃貸と違い不動産に関する特別な知識も必要ありません。



・家を売却するメリット
税制優遇を受けられる
まとまった現金が手に入る
価格下落リスクを回避できる

このメリットは意外と大きいでしょう。 
賃貸のように固定資産税や賃貸管理会社へ支払うコストや
空室対策をする必要がないので
自身の生活だけを考えられるということになります。




・家を売却するデメリット
売却時期が不透明
仲介手数料がかかる
内覧の対応が必要


戸建やマンションの売却をすると
不動産の売却金額が手に入る一方
仲介してくれた不動産会社に仲介手数料を支払う必要があります。


仲介手数料は売却金額や会社により異なり
仲介手数料0円などありますが
仲介手数料は上限が決められており

<売買価格200万円以下の場合> 売買価格×5%+消費税
<売買価格200万超400万以下の場合> (売買価格×4%+2万円)+消費税
<売買価格400万超の場合> (売買価格×3%+6万円)+消費税
※2018年1月1日から400万円以下の不動産売買時
 仲介手数料が最大18万円までに変更されています。


上記でもお伝えしましたが
戸建やマンションの売却はすぐに決まるものではありません。

条件に合う人がタイミングよく現れれば1~2ヶ月程で売却可能ですが
買主が見つかるまで5~6ヶ月かかることもよくあります。
なので、いつ売却できるのかどうしたら買主が見つかるのかなど 断定できかねます。











家を賃貸に出すメリットとデメリット

売却とは違い、賃貸は事業として継続していくものです。
家賃収入という利点があるものの
空室対策や物件の維持管理などにも気を配る必要があります。

上記でもお伝えしましたが
時代は流れますし、流行りも変わってきますので
常に維持と理解と金銭が必須になってきます。

家賃収入(不労所得)を得られる
入居者が見つかれば、労働なしに収入を得ることができます。
分譲マンションであれば、周辺の賃貸物件の家賃より高い相場で貸し出すことが可能でしょう。

賃料と収入が見合うかどうか
延滞されてしまうとマイナスになりますし
事件に巻き込まれれば次の入居者が見つかりません。
見極める事が重要になってきますね!



固定資産税などを経費として計上でき節税可能

不動産を貸すことによる家賃収入は
不動産所得と呼ばれ所得税がかかってきます。

しかし、賃貸経営に必要な費用は経費として計上できるため
節税することが可能です。


【 不動産所得(課税対象)=賃貸による収入-経費 】



将来、再び住むことができる
賃貸に出す=不動産の所有権はあなたです。

つまり自分の家として再び居住可能となります。
ただし、入居者との契約が終了していることが条件になります。




どちらにせよメリット・デメリットがある

今の経済状況下の中で
「賃貸」を選択しても
「売却」を選択しても
やはり思うようには事が運ばないのが現状になります。

立地や建物の築年数、デザイン、管理費
また自身の経済状況等々。

少しでも迷いがあるのであれば
是非、不動産会社へご相談くださいませ。

不動産売却・不動産買取にも特化した
株式会社NO-HOUSEでは
担当の峯田が知識と経験を元に
お客様にご満足頂けるような
内容をご提案させて頂きます!!!!

お気軽にお問い合わせください。
【  株式会社NO-HOUSEお問い合わせフォーム  】

関連記事

NO-HOUSEは枚方市樟葉にある不動産会社です。枚方市・八幡市を主軸に周辺(寝屋川市・交野市・京田辺市など)の不動産情報を広く取り扱っています。

NO-HOUSEは枚方市樟葉にある不動産会社です。枚方市・八幡市を主軸に周辺(寝屋川市・交野市・京田辺市など)の不動産情報を広く取り扱っています。

新築一戸建て・既存一戸建て・マンション・土地・収益物件など、不動産を買うとき / 売るときのご相談から、税・住宅ローン・リフォーム・有効活用・相続など、ご相談は無料です。

電話アイコン

お電話でのお問い合わせ

0120-555-936

営業時間 10:00 〜 19:00(火・水曜日定休)

メールアイコン

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

大阪府・京都府の住宅(一戸建て・マンション・土地)をご売却の際にお役立ていただける情報を枚方市樟葉の不動産会社NO-HOUSEがお届け

大阪府・京都府で一戸建て・マンション・宅地など不動産の売却、住替え・不動産投資をご検討されている方にお役立ていただけるよう、不動産の査定・調査、不動産の媒介契約、物件の販売開始(売り出し)や住宅ローンの残代金、引き渡しなどの情報を枚方市樟葉の不動産会社NO-HOUSEの不動産情報サイトでは掲載しております。NO-HOUSEはお客様に寄り添いながら理想の暮らしづくりをサポートします。