住宅購入のお役立ち情報

フルリノベーションとリノベーションの違い

フルリノベーションとリノベーションの違い

今回はフルリノベーションとリノベーションの違いをご紹介。

フルリノベーションとリノベーションは
工事する範囲の違いだと思う方がほとんどですが
実は、入居者やオーナーの方にもたらす資産価値が全く異なります。

フルリノベーションまたはリノベーションを
いつかはしたいと考えている方はご覧ください。

新着物件更新中🤓上記をクリック!!





フルリノベーションとリノベーション

内装などをきれいにするだけの工事がリフォーム
建物に新たな価値を加えるリノベーション
この二つが全く異なるものだと
DIY(do-it-yourself(ドゥイットユアセルフの略)
2010年代半ばに流行したのがきっかけで広く周知されました。


同じリノベーションでも「フル」リノベーションとなると
さらに広範囲かつ大規模に工事を行い
住む人にライフスタイルを提供する建物に生まれ変わります。


お家の大きさリノベーションの金額
また、フルリノベーションは出来ないけれど
リノベーションであれば可能なお家もあります。



ロングライフリノベーション物件の価値

入居者の自分らしさを満たすとともに
建物に長期的な価値を加える
ロングライフリノベーションもぜひ押さえておきましょう。


ロングライフイノベーションの価値デスガ
ロングライフリノベーションで資産価値を高める手法の一つに
物としての寿命を延ばす「品質」の向上

フローリングや建具に天然素材を使用すれば
高い耐久性と質感を備えた物件になりますし
人気のデザインを取り入れることによって
チープな仕上がりになります。

雑な加え方をすると目の肥えた入居者に
ここに住みたい」と言ってもらうことはできません。

勿論、安く抑えたいところですが
多少ばかりの金額をかけないと劣化してしまい
平凡で冴えない物件になってしまいます。

ですので、築古でもしっかり稼ぐ物件にさせるには
それなりのコストをかけ品質の良い素材を使い
長く価値が落ちにくい
ロングライフの考え方を取り入れることをおすすめします。



品質確認のインスペクションとは?

フルリノベーションには
見た目ではわからない建物品質を確かめる
インスペクション」を確実に行えるというメリットがあります。

インスペクション(建物状況調査)
2018年4月から改正宅建業法により
活用が促進されることになり
どういう事を行うかというと
専門的な視点から住宅の劣化や不具合の状況を検査し
適切な修繕などのアドバイスを行うことです。

通常は天井裏や壁の中、床下など
点検口から覗いたり専用の道具を使ったりしてチェックするのですが
実は、隠れた部分は十分に確認できない可能性もあります。

ですが、フルリノベーションでは壁床全て取り払うので
見えにくい部分も確実にチェックできます。



入居者や所有者に安心と信頼を

築年数のたった物件には
見えない部分に損傷や欠陥があるのではないかという不安を
入居者や所有者は少なからず持っています


気にならない」、「そこも好き」、「中古物件の魅力
と、捉える方もいらっしゃるかもしれませんが
やはり長く住んでゆくにあたり
安心」できて「使い勝手」が良く「お洒落
この三拍子が今の時代必須になってきますので
ここに重きを置き考えてみましょう。


予期しないトラブル 予期しない損傷
特に生活をしていると水回りに故障が出れば
退去しなくてはならない程の可能性も出てきますので
あらかじめ損傷を見つけ出し
しっかり補修できていれば、こうした事態を予防することもできます。



需要と供給の条件と安定

さまざまなライフスタイルに応える
フルリノベーション物件ですが
需要が不安定なエリアで投資するのは危険です。


十分な需要があるからこそ
価値ある物件が収益を生み出しますし
購入者にとっても 「安く」「綺麗」で「需要」がありますので
前提となる市場の条件を確認しておきましょう。


・都心の駅チカ
 コロナ禍によってリモートワークが増えても
 エリアや駅の持つ価値は大きく変わらないと考えられます。
 都心のように急激に人口が減ることが考えにくいエリアの物件を選ぶことは
 安定した賃貸収入を確保するための重要なポイントです。
 ですが、都心になると市街地より地方より
 必然的にハイコストになりますので
 金額面と内容をよく熟知する必要があります。

・ワンルーム物件を選ぶ
 都心、市街地、地方 どこでもそうですが賃貸不動産投資をするなら
 単身者向けワンルームに絞った方が期待できます。
 単身者、大学生などのワンルームが良いという層が
 非常に多いのでワンルームの賃貸需要も十分にあると考えられます。

・ファミリー物件
 万人受けするデザインや間取りが好まれます。
 家事がしやすい同線か? リビングイン階段か?
 4LDKか?
 駐車場はあるか?また何台駐車可能か?
 言い出すとキリがないですが
 ファミリーにウケるには多数の問題があります。


安定した需要を確保しつつ
住みたいと思ってもらうリノベーション物件に投資するなら
ワンルームを選んだ方が有利と言えるでしょう。



リノベーションは全て同じではない

とりあえず綺麗にしとけばいいだろうという理由で
内装や設備を入れ替えただけのリノベーション物件は
時間がたてば目新しい物件に移られてしまいます。
さまざまなライフスタイルに応える設備がある
フルリノベーション物件なら
一時の出費はあっても長く堅実に収益をもたらしてくれると思います。

時代は変わっても生活面で必要のある物は変わりません
浴室乾燥やアイランドキッチン
玄関の鍵がピッキングしづらいものか等々
そういう面でのこだわりがあれば
入居者は絶えず共に有益になります。

また、スケルトンの段階でインスペクションをすれば
入居者に安心感を与えさらに売却時の資産価値を高めることも期待できます。
リノベーションと言ってもそのクオリティや完成具合
どのような価値が加わるかは物件ごとに異なります。

購入するリノベーション物件はどのような資産価値を持っているのか
しっかりと見極めてから選ぶようにしましょう。
上記でのお伝えした通り
ワンルームであれば需要は高いと言えるでしょう。

まとめ

フルリノベーションだから良い
リノベーションだから良くないなどはありません。

地域、仕上がり、価値の有無は
入居者や所有者が決めることなので
コストや期間など業者と密に連携を取り
進めてゆく必要があります。

関連記事

販売中エリアから選ぶ

NO-HOUSEは枚方市樟葉にある不動産会社です。枚方市・八幡市を主軸に周辺(寝屋川市・交野市・京田辺市など)の不動産情報を広く取り扱っています。

NO-HOUSEは枚方市樟葉にある不動産会社です。枚方市・八幡市を主軸に周辺(寝屋川市・交野市・京田辺市など)の不動産情報を広く取り扱っています。

新築一戸建て・既存一戸建て・マンション・土地・収益物件など、不動産を買うとき / 売るときのご相談から、税・住宅ローン・リフォーム・有効活用・相続など、ご相談は無料です。

電話アイコン

お電話でのお問い合わせ

0120-555-936

営業時間 10:00 〜 19:00(火・水曜日定休)

メールアイコン

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

大阪府・京都府の住宅(一戸建て・マンション・土地)をご購入の際にお役立ていただける情報を枚方市樟葉の不動産会社NO-HOUSEがお届け

大阪府・京都府で住宅(一戸建て・マンション・土地)をご購入の際には現地内覧、住宅ローンや税金、各種契約手続きなど住宅購入からお引き渡しまでに大切なポイントがあります。家を買いたいといったご希望にお役立ていただける情報を枚方市樟葉の不動産会社NO-HOUSEの不動産情報サイトでは掲載しております。NO-HOUSEはお客様に寄り添いながら理想の暮らしづくりをサポートします。