枚方で家を売るならNO-HOUSE

【枚方市】不動産売却の売れやすい時期は?

【枚方市】不動産売却の売れやすい時期は?


不動産売買において、
不動産が高く売れる時期はあるのか いつが売り時なのか、と
疑問に思うことはないでしょうか?

不動産売却には、不動産売買が頻繁に行われる【売り時】ともいえる繁忙期が存在します。

では、オススメの売却時期はいつなのでしょうか。
こちらでは、不動産の売り時についてご紹介します。

不動産の売り時はいつ?



不動産を購入したい人が多くなる時期

だいたい年が明けて1月から2月は、「年も空けて、今年こそ家を買うぞ」と
購入したいという気持ちが高まる時期で、いわゆる繁忙期になります。

お子様の学校などの兼ね合いもあり、年度内に引越しを希望する方の駆け込みも出てきます。

代表的なのは、2月から3月。
この理由は先ほどにもあるように、入学や転勤の時期だからです。

2月から3月に比べるとだいぶ数が減りますが、9月から11月にかけての秋口も多いです。
これは主に転勤が理由になります。

では、反対に不動産を売却したい人が多くなる時期はいつなのでしょうか?

当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが、
引っ越しが多い時期というのは、入居する人もいれば出ていく人もいるので
購入したい人が増える時期と同じなのです。

不動産の問い合わせが多い時期として、春先と秋時期を挙げましたが
それ以外の時期に全く売れなくなるわけではありません。


家を売る際に大切な要素として売る時期だけでなく、
売却期間・築年数も挙げられていますので併せて気にかけておきましょう☆


中古戸建とマンションはどっちが早く売れる?



お同じ中古物件でも、物件の状況や立地条件などによって変わりますが
マンションがやや有利と言えます。

戸建ての場合、築年数にもよりますがリフォームや土地の管理など
物件の売買以外にも検討すべき点が出てくることが多いでしょう。

その点、マンションでは管理会社が建物のメンテナンスをしてくれるなど、
一戸建てと比べて検討すべき項目はシンプルです。

一方で、地価がある程度安定している地域では、一戸建ての人気が高まる場合も多くあります。
建物の価値は経年劣化によって下がっていきますが、土地の価値は経年的に変化せず、
また資産価値が大きいケースも多いためです。

そのため、一戸建てだからと気落ちすることはありません。
売却価格を焦って下げたりすることなく、
じっくりと買主を見つけていくと良いでしょう。



不動産が売れない閑散期



不動産売却不動産売却の取引件数がガクッと落ちるのは8月です。

8月は暑すぎるんですよね…。
それを何件もハシゴして物件の内覧となると、精神的に相当参ってきて、
真剣に物件を選ぼうという気にならないからでしょう。

不動産屋さんが秋に集中する理由として「人事異動による転勤」を挙げますが、
一般的に人事異動の時期は3月・4月・6月・7月・9月・10月と業種によってバラバラです。


また、年末の12月に家を購入して新生活をスタートしようという気持ちにもなりませんよね。
それでなくとも年末は忙しいので、
バタバタしている中で「この家に決めた」という人が減るのはわかります。


そういう意味で「春」と「秋」は、物件を見て回るのに季節的に良い時期なのでしょう。



繁忙期は本当に「売り時」なのか


実際に繁忙期に売却したほうが、他の時期よりも高く・早く売れたという事例は多くあります。
特に状態や条件のいい不動産になると、購入者側の取り合いが発生するほど。

取り合いが発生する=ライバルが増える

これが繁忙期のデメリットです。


繁忙期には他の不動産も多数出てくる時期でもあります。
購入希望者は条件のいい不動産から見学していきます。

つまり条件がいい不動産からなくなり、その分購入希望者の数も減るのです。



強力なライバルの出現以上に、売却期間を遅らせる要素はありません。



繁忙期以外に売る場合


繁忙期以外で不動産売却する場合はどうでしょうか。

ライバルになる不動産が出にくい時期であるので、
競合によって自分の不動産が埋もれることはないでしょう。


しかし自分の不動産の特徴を把握せずに、販売価格を高く設定すれば話は別です。
ライバルがいなくても売れ残ってしまうことがありえます。


ライバルがいないからと言って、
強気の値段設定にしたら本来の価値価格よりも安く売れてしまいかねません。

そもそもお客さんの数も多くない時期なので、売れ残りの可能性はさらに高まるでしょう。


まとめ



結局、本当の売り時はいつなのか?と思われている方は
少なくないでしょう…。


自分の不動産の価値に見合った価格設定にして、ある程度の広告露出をしておけば、
どんな不動産でもいずれ売れます。

問題は売れる時期が早いか遅いかなのです。


「新学期」というキーワードに強制的に背中を押されて、
購入の集中する時期が2月・3月

購入の集中する時期が2月・3月なのであれば、売却の集中する時期も同じです。


むやみに時期にとらわれずに、
自分の不動産に対して正しい価格で売り出すことのほうに集中しましょう。


結論、
不動産は、売りたいと思った時が、売り時なのかもしれませんね。

地域密着、株式会社NO‐HOUSEでは、
どんな小さなことでもお客様と共に共有し
査定・売却・買取等のお話なども分かりやすく
ご説明できればと思いますのでお気軽にご連絡下さいませ。



☆関連記事☆
不動産会社の選び方・不動産買取のコツ!マンション査定のタイミング
不動産売却の仲介と買取の違い
準備・査定依頼のQ&A
売却活動Q&A
住み替え・税金・お金・相続その他Q&A












関連記事

NO-HOUSEは枚方市樟葉にある不動産会社です。枚方市・八幡市を主軸に周辺(寝屋川市・交野市・京田辺市など)の不動産情報を広く取り扱っています。

NO-HOUSEは枚方市樟葉にある不動産会社です。枚方市・八幡市を主軸に周辺(寝屋川市・交野市・京田辺市など)の不動産情報を広く取り扱っています。

新築一戸建て・既存一戸建て・マンション・土地・収益物件など、不動産を買うとき / 売るときのご相談から、税・住宅ローン・リフォーム・有効活用・相続など、ご相談は無料です。

電話アイコン

お電話でのお問い合わせ

0120-555-936

営業時間 10:00 〜 19:00(火・水曜日定休)

メールアイコン

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

大阪府・京都府の住宅(一戸建て・マンション・土地)をご売却の際にお役立ていただける情報を枚方市樟葉の不動産会社NO-HOUSEがお届け

大阪府・京都府で一戸建て・マンション・宅地など不動産の売却、住替え・不動産投資をご検討されている方にお役立ていただけるよう、不動産の査定・調査、不動産の媒介契約、物件の販売開始(売り出し)や住宅ローンの残代金、引き渡しなどの情報を枚方市樟葉の不動産会社NO-HOUSEの不動産情報サイトでは掲載しております。NO-HOUSEはお客様に寄り添いながら理想の暮らしづくりをサポートします。