枚方で家を売るならNO-HOUSE

【枚方市】中古物件の基準と新築住宅との違い

【枚方市】中古物件の基準と新築住宅との違い

どんな建物も、建築後1年が経過すると
「中古住宅」 逆に1年以内であれば「新築住宅」となります。


ですが、建築後1年が経過していなくても人が入居した場合は
(それがたとえ1日だとしても) 「中古住宅」になってしまいます。
「新古車」のような扱いですね。


この記事では、中古物件の基準と新築住宅との違いについてご紹介していきます。

中古と新築の違い

中古住宅。
・建築してから1年経過
・1日でも人が住んだことがある


新築住宅
・建築してから1年以内
・まだ誰も住んだことがない


たった1日でも人が居住して入ればどんなに新しくても「中古物件」です。
まだ誰も住んだことがない状態なら、半年経過していても「新築住宅」ということになります。


この中古住宅か新築住宅かを明確にしているのは品確法という法律で
「新築住宅とは、新たに建設された住宅で、まだ人の居住の用に供したことのないもの
(工事の完了の日から起算して1年を経過したものを除く)」と定められています。


中古と新築には以下のようなメリット・デメリットがあります。

新築住宅のメリット

・設備が新しい
・維持費がかかりにくい
・すべて新品なので心理的に安心
・設備が充実してる
・住宅ローンが借りやすい
・税制優遇を受けやすい

新築住宅のデメリット

・購入価格が中古よりも高い
・エリアの選択肢が狭い
・現地確認ができない
・即入居できない

中古住宅のメリット

・購入価格の安さ
・現地確認が可能
・即入居可能
・エリアの選択肢が広い
・リノベーション可能


中古住宅のデメリット

・住宅ローンの審査が厳しい
・設備の古さから敬遠されがち
・欠陥や老朽化
・リフォーム費用がかかる


新築と中古のメリット・デメリットは 物件購入や物件売却する際にも重要になります。

まとめ

大阪府枚方市周辺で
中古物件買取・仲介など不動産売却のご依頼は株式会社NO-HOUSEへお任せください。
勿論、相続物件の不動産査定や見積りにも対応しております。

関連記事

NO-HOUSEは枚方市樟葉にある不動産会社です。枚方市・八幡市を主軸に周辺(寝屋川市・交野市・京田辺市など)の不動産情報を広く取り扱っています。

NO-HOUSEは枚方市樟葉にある不動産会社です。枚方市・八幡市を主軸に周辺(寝屋川市・交野市・京田辺市など)の不動産情報を広く取り扱っています。

新築一戸建て・既存一戸建て・マンション・土地・収益物件など、不動産を買うとき / 売るときのご相談から、税・住宅ローン・リフォーム・有効活用・相続など、ご相談は無料です。

電話アイコン

お電話でのお問い合わせ

0120-555-936

営業時間 10:00 〜 19:00(火・水曜日定休)

メールアイコン

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

大阪府・京都府の住宅(一戸建て・マンション・土地)をご売却の際にお役立ていただける情報を枚方市樟葉の不動産会社NO-HOUSEがお届け

大阪府・京都府で一戸建て・マンション・宅地など不動産の売却、住替え・不動産投資をご検討されている方にお役立ていただけるよう、不動産の査定・調査、不動産の媒介契約、物件の販売開始(売り出し)や住宅ローンの残代金、引き渡しなどの情報を枚方市樟葉の不動産会社NO-HOUSEの不動産情報サイトでは掲載しております。NO-HOUSEはお客様に寄り添いながら理想の暮らしづくりをサポートします。