暮らしに役立つ豆知識

ダウンライト照明で後悔?その理由と上手な活用例をご紹介

ダウンライト照明で後悔?その理由と上手な活用例をご紹介

ダウンライトは新築だからこそ選択できる照明器具。

空間をおしゃれに演出してくれたり
ピンポイントで雰囲気を変えることが出来るので
ダウンライトは最適なライトといえるでしょう。

しかし、住んでから後悔する人が多いのも実はダウンライト。
なので今回はしっかりとダウンライトの特徴を理解しておきましょう。

後付けも可能なダインライトが沢山販売されているので
付けてもらうダウンライトにしようか
自分たちで後付けにするか
迷っている方がいらっしゃれば是非記事を読んでみて下さいね☆



そもそもダウンライトとは?

室内全体を照らすシーリングライトとは異なり
ダウンライトはスポットライトのように
明かりを一ヵ所に集中して照らし出す照明器具です。

部屋を広く見せたい、天井を高く見せたいなどの
その部分に対して見事に希望を叶えてくれる存在。

室内の余計なモノは省き
シンプルに統一したいと考えている人にはぴったりの照明です。

ダウンライトは天井埋め込み式LED照明のこと
天井に穴をあけて埋め込むLED照明であるため
天井がフラットになりスッキリとした空間に仕上がります。



ダウンライトの種類は3種類

ベースタイプ
 一般的なダウンライトであり、角度の調節ができません
ユニバーサルタイプ
 スポットライトのように向きが変えられます
ピンホールタイプ
 ニッチ(飾り棚)でよく見かけるタイプで
 目立たせたいインテリアや小物をピンスポットで照らします


ダウンライトの光の広がり方は2種類

集光タイプ
 光を絞ってピンポイントで明るくなるので手元作業におススメ
拡散タイプ
 光を拡散して全体を明るく照らしてくれので玄関や人の集まるリビングにおススメ



光の色には、昼白色・温白色・電球色の3種類ありお好きな色から選べます。
はっきりと見えるタイプがお好みであれば、昼白色◎
温かみを少し加えたいのであれば温白色
オレンジ色の温かい空間を作りたいのであれば電球色

おおよそは3種類ですが
他にも複数の色味があるので
お部屋によって光の使い分けを楽しみましょう。




ダウンライトの種類は2種類

ダウンライトには天井埋め込み式(固定型)と交換可能器具があります。
ダウンライトのLEDの光源寿命は約40,000時間です。
1日8時間使用した場合、おおよそ約10年使えます。

交換可能タイプは自身で交換しなければなりません。

寿命が来たらすぐに消える訳ではなく
「暗くなってきた?」などの前兆があるので
分かりやすくなっていると思います。

気を付けておいた方が良いのは天井埋め込み式タイプです。
LEDが切れた器具の交換は、業者に依頼しなければなりません。
交換するとなると器具につないである配線をいじることになるため
電気工事士の資格が必要になるのです。 自分で交換するには危険ですので
必ず最寄りの量販店か電気屋、ハウスメーカーに交換依頼をしてくださいね。



ダウンライトの良い所・悪い所

ダウンライトのメリット

ダウンライトの1番のメリットは
スッキリとした空間に仕上がることです。
スポットライトのような光に照らされたおしゃれな部屋に変わり
さらに、ダウンライトはホコリがたまらないので
掃除やお手入れをほとんどしなくて良い!
また虫が集まることもありませんよ((´∀`))。

ダウンライトの他の使い方としては
寝室や廊下の足元用照明
玄関までの足場照明
日常使用する階段、トイレ、バスルーム、脱衣場などのスポットライトとして
日常生活の中で使用する感じがまたホテルライクでお洒落です。


ダウンライトのデメリット

ダウンライトのデメリットは
はスポットライトのように照らすことになるため
目に直接当たるとかなりまぶしく感じます。

そのため、寝室の天井に設置するのはおススメしません。
また、光源がひとつだけではそこにしか光が届かないので
設置する際は数個まとめて取り付けるケースがほとんどです。

埋め込み式のダウンライトを取り付けた場合
交換は業者依頼しかできず費用が高くついてしまいますので
10年に一度の取り換えで良いとは申し上げましたが
もし何かあったら都度、交換していかなければなりません。

手間も金額もかかってくるので
交換が難しい吹き抜け部分にも
ダウンライトの使用は避けたほうが良いですね。
デメリットを知ったうえで検討してくださいね☆



ダウンライト照明をうまく活用するポイント

照明の位置と個数をしっかり決める
ダウンライトの良さは天井に埋め込み見た目をスッキリ魅せる部分にありますが
残念なのが一度埋め込むと場所の変更ができないこと。

そのため、ダウンライトの配置場所と個数はしっかりと設計の段階で理想を伝え
イメージを膨らませることが重要になります。


ダウンライトのタイプですが
「ベースタイプ」にするとダウンライトの下でないと光が当たらないので
家具の配置の変更が難しくなります。

設計の段階で向きが変えられる
「ユニバーサルタイプ」にしておくと
家具の配置などきにしなくて良いのでおススメです。

ダウンライトはシーリングライトほど広く光が届かないため
「拡散タイプ」のライトをいくつか並べてカバーするのもひとつの方法です。
スタンドライトやテーブルランプとの併用も
モダンでシックな雰囲気に包まれるのでおすすめです。

費用は少しかかりますが
「調光機能」がついているダウンライトにしておくと
光と明るさの調節ができて便利ですし
数か月使用するものではなく
長く使うものになりますので費用とのにらめっこは欠かせません。


納戸やロフトへの活用におススメ

ダウンライトに悩みに悩んでも決まらないから
とりあえずお試しでどこかにつけたいなどがあれば
納戸やロフトファミリークローゼットなどにおススメ!

天井に埋め込むので
狭い納戸やロフトクローゼットでも圧迫感がありません。
明るすぎる必要はないのでダウンライトがきっと活躍してくれます。
狭い空間を広く見せられるのも、ダウンライトのメリットです。



まとめ

新築戸建ですと既にいくつか設置されている場合がありますので
内覧の際に要チェックしておくことが重要になります。

足りないところに自身で足すのか
また、業者に頼んで設置してもらうのか
良い判断基準になるかと思います。

関連記事

NO-HOUSEは枚方市樟葉にある不動産会社です。枚方市・八幡市を主軸に周辺(寝屋川市・交野市・京田辺市など)の不動産情報を広く取り扱っています。

NO-HOUSEは枚方市樟葉にある不動産会社です。枚方市・八幡市を主軸に周辺(寝屋川市・交野市・京田辺市など)の不動産情報を広く取り扱っています。

新築一戸建て・既存一戸建て・マンション・土地・収益物件など、不動産を買うとき / 売るときのご相談から、税・住宅ローン・リフォーム・有効活用・相続など、ご相談は無料です。

電話アイコン

お電話でのお問い合わせ

0120-555-936

営業時間 10:00 〜 19:00(火・水曜日定休)

メールアイコン

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

暮らしに役立つ豆知識を枚方市樟葉の不動産会社NO-HOUSEがお届け

お客様に寄り添いながら理想の暮らしづくりをサポートする枚方市樟葉の不動産会社NO-HOUSEの不動産情報サイトでは、衣食住・健康・防犯 / 防災テクニックなど、日常生活に密着した豆知識を幅広く掲載します。