枚方で家を売るならNO-HOUSE

【枚方市】離婚が原因でマンション・一戸建て・土地を売却する時のポイント

【枚方市】離婚が原因でマンション・一戸建て・土地を売却する時のポイント

離婚という理由で、お家を売却するというケースは決して少なくありません。

厚生労働省の統計によると、結婚した3組に1組の方は離婚しています。
全員が離婚を前提で住宅購入する訳ではないですし
折り合いがつかなくそうなってしまったという方もいらっしゃいます。

離婚が原因で家の売却を検討している場合
まず確認しなければならないポイントがあります。

そちらをご紹介していきたいと思います。


家を売ったお金(財産分与)は半分こ

まず、家を売ったお金を
夫婦でどのように分けるのかという問題があります。

財産分与(ざいさんぶんよ)は
夫婦が婚姻中に協力して築いた財産を
離婚時に夫婦それぞれ分け合うことです。

不動産(土地・一戸建て・マンションなど)も
財産分与の対象に含まれるため
夫婦でどのように分けるのか決める必要があります。

基本的に不動産(土地・一戸建て・マンションなど)を売却して
手元に残ったお金は持分割合やお互いの収入などに関係なく
夫婦で2分の1ずつします。

また、夫婦で合意が得られた場合は
全額どちらか一方がもらうことも可能です。


財産分与の対象に含まれない場合

「婚姻前」に親から譲り受けたり
自分自身で購入した不動産については
夫婦共同で形成した財産ではないので
財産分与の対象には含まれません。
これを特有財産といいます。

また、住宅ローンが残っている場合も注意が必要です。
今の家を売却しても住宅ローンの完済が
できない場合は財産分与の対象となりません。

売却で手にしたお金は全てローンの支払いでなくなってしまうので
ほとんどが自分たちの財産にならないからです。


婚姻前に購入した家でも財産分与の対象になる場合

婚姻前に夫婦どちらかが購入した
不動産(土地・一戸建て・マンションなど)の住宅ローンを
婚姻後も支払っていた場合は
婚姻後、ローンを支払った分については共有財産の対象となります。

この場合、婚姻後に2人でローンを支払った額はいくらなのか調べて
その割合から共有財産となる金額を計算します。


財産分与と慰謝料とは別

これはよく混同されやすいのですが
慰謝料は別にもらう事が可能になります。
慰謝料の支払いを放棄する方もいらっしゃいます。

また、一つ注意が必要なのが
その財産分与に十分な慰謝料が含まれていた場合には
請求できませんので
弁護士さんに聞いてみましょう。

財産分与は3つに分けられています。
3つのご説明をしていきます。

【 清算的財産分与 】
 婚姻中に共同で形成した共有財産を清算する

【 扶養的財産分与 】
離婚で生活が苦しくなる配偶者に対して生活費の補助となる定期金を
一定の期間支払うこと

【 慰謝料的財産分与 】
離婚の原因が相手の不倫やDVなどにある場合。
被害にあった方が「共に飼っていたこのペットだけは欲しい」などと要求したときに
加害した側も当該ペットを手放したくないとしても
謝罪の気持ちを込めてペットを被害者へ分与するなどという場面

不動産の売却は名義人でなければいけない?

お家という財産は分け合えるということはわかりましたが
夫婦どちらでもお家を売ることはできるのでしょうか?

答えはNOです。

不動産の売却は基本的に名義人でなければできません。
不動産の名義が夫だけの単独名義だった場合たとえ夫婦であっても
妻が勝手に売却することはできません。
また、夫と妻の共有名義であった場合
夫婦共同でなければ売却することができません。

どちらかが勝手に売却するという事はできません。


住宅ローンを返済できるかどうか

住宅ローンの状況によって財産分与の対象なのか
売却方法が変わってきますので、必ず確認が必要です。

・住宅ローンがない場合の売却方法
住宅ローンが残っていない
そもそも現金購入だった場合は 一般的な方法である
仲介(ちゅうかい)で不動産売却することができます。

仲介での売却方法は
売却する不動産(土地・一戸建て・マンションなど)を
不動産仲介会社に売却を依頼し集客活動を行ってもらい
また、ご自身たちと同様の
一般の消費者に購入してもらうための売却活動を指します。

不動産会社に直接買い取ってもらうことができる
買取(かいとり)も可能です。
いつ売れるのかわからない仲介に比べて
不動産会社に売却した方が即現金化できるという事がありますが
希望の金額より低く売却しなければなりませんので
必ず、自身の不動産の相場を理解し、複数の不動産会社に査定をしてもらいましょう。



【 不動産売却の流れ 】
【 不動産売却にかかる期間 】
【 2種類の不動産売却方法 】
【 不動産売却にかかる税金 】
【 特別控除を利用しよう  】
【 不動産売却の仲介と買取の違い 】
【 不動産が売れやすい時期がある 】


コチラにこれから発生するかもしれない記事の詳細を
記載しておりますので売却に関しての知識をある程度掴みましょう。




住宅ローンが残っている場合の売却方法

住宅ローンが残っている場合は ローン残高(残債)と
今、家を売却したらいくらぐらいで売れるのか調べる必要があります。

(アンダーローン)家を売却したお金で残りのローンを完済できる
(オーバーローン)完済できない
それを判断するためです。
おおよその目安ではありますが
購入後10年以内の売却は元本(お家の部分の返済)より
利子の部分の返済が大きいので
実際に売れる金額より多く住宅ローンが残るケースが多く見られます。


まとめ

熟年離婚や不貞行為、ハラスメント行為
離婚について内容は違えど役所関係や相続関係
慰謝料や財産分与などはほとんど同じで、各々行う必要があります。

離婚については弁護士さん、住宅の事なら不動産会社に
相談をしてスムーズに事が進むように計画しなければなりません。

上記以外にもお役に立てそうな内容を
掲載しておりますので是非ご覧ください。

関連記事

NO-HOUSEは枚方市樟葉にある不動産会社です。枚方市・八幡市を主軸に周辺(寝屋川市・交野市・京田辺市など)の不動産情報を広く取り扱っています。

NO-HOUSEは枚方市樟葉にある不動産会社です。枚方市・八幡市を主軸に周辺(寝屋川市・交野市・京田辺市など)の不動産情報を広く取り扱っています。

新築一戸建て・既存一戸建て・マンション・土地・収益物件など、不動産を買うとき / 売るときのご相談から、税・住宅ローン・リフォーム・有効活用・相続など、ご相談は無料です。

電話アイコン

お電話でのお問い合わせ

0120-555-936

営業時間 10:00 〜 19:00(火・水曜日定休)

メールアイコン

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

大阪府・京都府の住宅(一戸建て・マンション・土地)をご売却の際にお役立ていただける情報を枚方市樟葉の不動産会社NO-HOUSEがお届け

大阪府・京都府で一戸建て・マンション・宅地など不動産の売却、住替え・不動産投資をご検討されている方にお役立ていただけるよう、不動産の査定・調査、不動産の媒介契約、物件の販売開始(売り出し)や住宅ローンの残代金、引き渡しなどの情報を枚方市樟葉の不動産会社NO-HOUSEの不動産情報サイトでは掲載しております。NO-HOUSEはお客様に寄り添いながら理想の暮らしづくりをサポートします。